Veterinary Advanced Technique, Deliver to Every Companion Animal

先進的な獣医技術をより多くの伴侶動物たちに

私達は人間のかけがえのない友達、時には家族の一員でもある動物たちの病気を、先進的な技術により治療したいと考えています。人々の安全で効果的な治療法は、数え切れないほどの彼らの命によって支えられて来ました。しかし、人間はそのように築き上げられた叡智を彼らのために十分に活かしているでしょうか。
 もっともっと、救える命があると、我々は信じています。

私達は人において実用化されている再生医療技術、とりわけ日本発のiPS細胞に関する技術を動物に適した方法に改良し、新たに特許を取得しました。このiPS細胞を用いて間葉系幹細胞を始め、様々な再生医療等製品を開発し、獣医療向けの薬機法対応医薬品として製造販売承認の取得を目指します
 先ずは犬の治療に本技術を適用し、その後、猫や馬にも活用する計画です。

私達は、人も動物も幸せになって欲しいと願っています。動物たちの健康で幸せな生活を通じて、人はもっともっと幸せになれると考えます。

We aim to cure our best friend, even a member of family for many people, companion animals employing advanced veterinary technologies. None of human-being benefit from effective and safe therapies without a myriad of precious lives of animals. However, we wonder if animals are getting fair return from such effective treatments in spite of their dedication.
There are more lives that can be saved.

We utilise stem cell technology, particularly induced-pluripotent stem cell (iPS cell) technology which was invented in Japan and has been developed for human, but evolved for animals by our proprietary technologies. We aim to obtain regulatory approval for marketing various regenerative medicine products, beginning with mesenchymal stem cells (MSCs) product derived from iPS cells.
Dogs will be our first beneficiary, followed by cats and horses soon.

We hope to make both human and animal happy. Through animals’ good health and fulfilled life, human can be even happier.

 

Updates

2021/10/15 助成金 NEDO(国立研究開発法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構)が推進する、2021年度「研究開発型スタートアップ支援事業/シード期の研究開発型スタートアップに対する事業化支援」(STS; Seed-stage Technology-based Startups)に採択されました。関係者の皆様に厚くお礼申し上げます。 NEDO-STS交付決定事業者
 

2021/10/1 湘南ラボ開設 当社は、湘南ヘルスイノベーションパーク(湘南アイパーク)(神奈川県藤沢市)に研究開発拠点として「湘南ラボ」を開設致しました。 アクセスPDF

More news …